logo

Select Sidearea

Populate the sidearea with useful widgets. It’s simple to add images, categories, latest post, social media icon links, tag clouds, and more.
hello@youremail.com
+1234567890
 

Archive

個人で撮影した動画をネットにアップロードし、それを配信することが簡単になった現在では   多くの飲食店や企業で動画を用いた広告宣伝活動が行われているのは皆さんご存知だと思います。   個人経営のお店でもフェイスブックなどのSNSを利用してお店のイチオシ商品やオススメ商品などを動画にして宣伝している方も見受けられます。   しかし、フェイスブックやLINEなどのSNSでは、それぞれ特性が異なります。   例えばインスタグラムではどちらかというと既存フォロワーの関係強化に適しており、実は新規獲得には少々不向きです。   「SNSを利用しても宣伝効果が上がらない」という話を飲食店で聞くことがありますが、   ひょっとすると宣伝したいことに適したSNSを使っていないことが原因かもしれません。   また、宣伝をする際に気を付けなければならないのが、誰をターゲットにするかということです。   例えばスポーツ用品店を経営しておりサッカー関連商品の新商品を宣伝する場合、不特定多数の方に情報を配信するのは効率がよくありません。   当然、サッカーに興味があり新商品を欲しがっていそうな人に広告を見てもらう方が利益に繋がります。   動画の良し悪しもそうですが、ターゲティングの精度の良し悪しも大切ということです。   お店のLINEなどを登録してもらいリピーター客に向けて情報を配信するのもターゲティングの一つですが、   ターゲティングを上手くやりながらSNSで宣伝することはなかなか難しい所だと思います。   (「本業のお店の経営で忙しいし、かと言ってバイトに任せるのも・・・」というのが実状でしょう)   一方、精度良くターゲティングしながら集客する方法としてYahoo!プロモーション広告やGoogle広告があります。   掲載場所と料金はそれぞれ次のようになります。   【Yahoo】 ・スマートフォン版Yahoo! JAPANトップページ(アプリ/ウェブ)やYahoo! JAPANが提供する一部のサービスのタイムライン上に掲載 ・動画の再生開始後、10秒以上経過した場合のみ課金(短時間しか再生されていない場合などの課金を抑制できます) なお動画広告の場合、広告からリンク先URLへの遷移(クリック)では課金されません。 動画広告の掲載イメージ   【Google広告】 ・YouTube やGoogleディスプレイネットワーク上の動画パートナー サイト上に掲載 ・ユーザーが動画を 30秒間(30 秒未満の広告の場合は最後まで)視聴したか、30 秒経つ前に動画を操作した場合に料金が発生。 動画広告の掲載イメージ   どちらの広告も年齢や性別、人の興味関心などからターゲットユーザーにアプローチすることが可能であり、   配信地域や時間帯も細かく設定することが出来ます。   例えば、柏市周辺に住むサッカーファンに向けてクラブチームのユニフォームやグッズの動画広告を出す場合であれば、   通勤通学やお昼の時間帯など比較的スマートフォンに触れやすい時間帯に広告を多く配信し、   深夜や日中の時間帯は配信を少なめにすると言ったことが可能です。また、配信をしていく中で、年齢・性別ごとに   どの広告が売り上げに繋がったのかを分析することも可能なので、広告配信の最適化もしやすくなります。   また、静止画広告と併用して配信することで、普段は静止画広告に反応しないユーザーでも動画広告で反応してもらえる機会が   増えるのでオススメです。   精度の良いターゲティングと動画広告で集客力アップを目指してはいかがでしょうか?    ...

Read More

◇リスティング広告は出してからが本番 リスティング広告は「運用型広告」であることは皆さんご存知だと思います。 運用型広告は広告を出して終わりでなく、成果を見ながら良いところを伸ばしていき、悪いところを 改善したり見切りをつけたりとアカウントに改善を重ねていくタイプの広告です。 言い換えれば、データを活用しながら、成果を育てていく視点をもって運用していくものになります。 ★リスティング広告は成果を育てていくもの★ ◇数値からユーザーの気持ちや行動を読み取る リスティング広告の管理画面には沢山の数値が並んでいます。「何が何だかわからない」とたじろいでしまう人もいるかもしれません。(文系の私は数値を見ると以前は吐き気がしました)。 管理画面で並んでいる数値はお客様の気持ちや行動を数値化したものになります。お客様の気持ちや行動がされたものと思えば、内容について知りたい欲求や関心が沸いてくると思います。   ◇見直すタイミングを習慣化する 沢山の仕事を抱えている方、アカウントの運用だけではない方も沢山いらっしゃると思います。 そのような方へは、タイミングを決めて習慣化することが良いと思います。 ・出稿して1日~3日 審査が通った?広告が表示されているのか?予算金額の超過はないか?ざっくり見る ・1週間ごと 広告の良し悪しについて曜日や時間帯をきめて必ず見るように癖づける ・1か月ごと じっくりと見る、前月との対比をしっかり行う   ◇まとめ◇ まずは出来上がった広告を運用し、定期的な見直しや経過観察をすることで成果を育て上げていきましょう!もしそれでも目標数値が達成できないことなどがあれば柏にある広告代理店『株式会社OZPROMOTION』にご相談下さいませ。 親身に悩み事をお伺いし、広告主様の収益をあげるご提案をさせて頂きます。            ...

Read More

Webマーケティングを行っている方なら、必ずと言っていいほど利用しているのが   ・「GoogleAdWords」   ・「Yahoo!プロモーション広告」   の2つだと思います。   今までこの2つについて、広告の作り方やルール、ターゲティングなど色々なことを解説してきましたが、   実はこの2つには運用にとても役立つ資格があります!   もちろん一般的な資格と同じようにスキルの証明になります。   また、資格は別にいらないという方でもこの資格試験の勉強が実際の運用の役に立つことは間違いないです。   是非知っていただきたいものなので、「GoogleAdWords」、「Yahoo!プロモーション広告」の資格について説明致します。       GoogleAdWords   GoogleAdWordsの資格はGoogle広告認定資格と呼ばれ、   ・AdWords基礎   ・検索広告   ・ディスプレイ広告   ・モバイル広告   ・動画広告   ・ショッピング広告   の6つがあります。   どの試験も選択問題でそれぞれ60問~100問ほどあります。   まずAdWords基礎に合格し、その後残った5つのうちどれか1つに合格することができれば認定資格を取得することができます。   難易度的にはAdWords基礎が初級者向け、それ以外が中~上級者向けとなっています。   中~上級者向けと聞くと難しそうに聞こえますが、しっかりと勉強すればちゃんと解ける内容です!Googleが学習ガイドという勉強用のページも出してくれています。   また、アカウントを持っていれば自分のPCで無料で受験することができ、一度落ちても24時間後には再受験ができる仕組みになっています。   なのでシステムとしては非常に合格しやすい試験です。是非受験してみましょう!       Yahoo!プロモーション広告   Yahoo!プロモーション広告の資格はYahoo!プロモーション広告プロフェッショナル試験と呼ばれ、   ・ベーシック   ・アドバンス   の2つがあります。Yahooもどちらも選択問題で、ベーシックが60問、アドバンスが80問です。   1000点が満点の試験で860点以上を取ると認定となります。   難易度は名前のとおり、ベーシックが基礎編、アドバンスが応用編となります。   Yahooもラーニングポータルという勉強ができるサイトを用意してくれています!しっかり勉強しましょう!   ここでいくつか、AdWordsの資格と違うところがあります。   Yahooの資格では上位のアドバンスの資格を取りたいとき、ベーシックに合格している必要がありません。   また、Yahooの資格は費用が1回につき約7000円かかり、試験を行っている会場でしか受験できません。なので自信がある方はいきなりアドバンスを   受験してしまっても良いかもしれません!   ここからは少し余談ですが、Yahooプロモーション広告の正規代理店になるための条件の中に   アドバンス取得者が1名以上という項目があります。   なので正規代理店になりたい方やならなくてはいけない方は、この資格の取得が必須となります。   ちなみに弊社は柏市内で唯一のYahoo!プロモーション広告正規代理店です!   Webマーケティングでお悩みのことがあればお任せください!...

Read More

いきなりですが、ABテストというものをご存知ですか?   WEBマーケティングを行っている方からすると当たり前にしていることかもしれませんが、これから始めるという方にとって、ABテストという作業はとても重要なことなの   で紹介しておきたいと思います!   ABテストと聞くと、難しそうだと感じる方もいるかもしれませんが、作業自体はとても簡単です。   簡潔に説明してしまうと、「バナーや文言、LPなどを2パターン用意して、一定期間でどちらがより良い効果を出せるかどうかを検証すること」になります。   ですので、さらに簡単に言うと「パターンAとパターンBではどっちが良いかを調べる作業」ということです。   普段の生活でも「2つ気になるごはん屋さんがあるから、今日はこっちのお店にして、今度はあっちのお店に行って比べてみよう」など誰でも無意識にやっていることだと思い   ます。   それをマーケティングにも使いましょうということです。   ABテストを行う際には、注意したいことがいくつかあります。   1、複数のテストを同時に行わない。   これは、複数のテストを行ってしまうと何が原因でその結果になったかわからないからです。例を出すと、レスポンシブ広告のピクチャーバナーとタイトルを同時に変えてし   まうことが挙げられます。   2つの広告の効果に差が出ても、バナーが原因なのかタイトルが原因なのか分からなくなってしまいます。   テストを行う際は、検証する項目を1つにし、テストしたい内容以外は同じ条件にしておきましょう。   2、テストをするときは内容をしっかり分ける。   これはテストをする際、パターンAとパターンBが同じような内容にならないようにしましょうということです。   同じような内容になってしまうミスは特に広告のタイトルでテストを行うときにやってしまいがちです。   飲食店を例に出すと、   A「こんなに安いご飯屋が柏に!」   B「柏で安く食べるなら!」   これだとAとBで違いがあまりないので、テストとして効果的ではありません。   なので   A「豊富なメニューで柏で有名!」   B「柏で安く食べるなら!」   このくらいの差をつけても良いかもしれません。   3、一定数以上のデータをためる。   データが少なすぎると、信ぴょう性が低くなってしまうのである程度データがたまってから判断するようにしましょう。     以上、ABテストのやり方と注意点をとても簡単にですが説明させていただきました。   ABテストは一回行うだけでなく、残ったものをさらに新しいものと競合させていくことで、より良い方向に向かっていきます。   WEBマーケティングをしている方は、運用改善のためにABテストをどんどん行っていきましょう。  ...

Read More

お店の売り上げを伸ばすために宣伝をしたいけど、どのツールを使うのが効率的なんだろう?

 

こんな悩みを持たれている個人経営の店舗を持たれている方も多いと思います。

 

特に新規にお店を始められた方であれば、お店の認知度を高めることが重要とされているので

 

「手っ取り早く始めるなら、SNSを利用して拡散していけばいいんじゃない?」と考えがちです。

 

しかし、フェイスブックやツイッターなどはインフルエンサーがいないと思ったよりも広まらないのが実際のところ

 

ではないでしょうか?

 

そこで今回ご紹介したいのはYahoo!プロモーション広告におけるスマホアプリへの広告掲載の事例です。

 

広告運用をしていて   「このキーワードで検索したことのあるユーザーにYDN広告を出したい」   と思ったことはありますか?   そんな願いに答えてくれるのがサーチターゲティングです。   ターゲティングの種類を説明したときにも出てきたサーチターゲティングですが、これも便利な機能なので簡単にわかりやすく解説したいと思います。   サーチターゲティングは冒頭の「」内そのまま、   あるキーワードを登録しておくと、そのキーワードで検索をしたことのあるユーザーにのみYDN広告が配信されるターゲティングです。   柏駅周辺には美容室がたくさんあるのでそれで少し例を挙げたいと思います。   まず   『柏駅 美容室』   を登録しておけば、柏駅の美容室を検索で調べたことのあるユーザーにのみYDN広告を出すことができます。   また、   「うちはカットの価格が安いからそこを求めている人に出したい」   「カラーの技術に自信があるから、髪が痛まないカラーを探している人に出したい」   などがあれば   『カット 安い 美容室』『カット 激安 柏』   『柏 カラー 痛まない』『美容室 痛まないカラー』   といったキーワードを登録しておけばその人たちにのみ広告を出すことができます。     《注意点》   キーワードを登録しておくと、それに基づいて広告を配信してくれるサーチターゲティングですが、どんなキーワードでも登録できるわけではありません。   Yahooのサーチキーワード候補に表示されるキーワードのみ登録できます。   (ですが候補のみと言っても、細かく割り振られたたくさんのキーワード候補があるので大抵の場合は希望のものがあると思います。)   もう1つ注意していただきたいのは、登録したキーワードとユーザーの検索語句がどのくらい一致したときに広告が表示されるかということです。   上記の例を交えて、   登録したキーワード→『柏 美容室』   として説明したいと思います。   ユーザーの検索語句→『柏 美容室』   この場合はもちろん広告が表示されます。   ユーザーの検索語句→『美容室 柏』   この場合も表示されます。   ユーザーの検索語句→『柏 美容室 安い』   この場合も表示されます。   ユーザーの検索語句→『美容室』   この場合は広告が表示されません。     もうすでに例でお分かりいただけたと思いますが、登録したキーワードと完全に一致した場合や順番が異なる場合、ユーザーが検索した語句に登録したキーワード以外のワー   ドが含まれている場合には広告が表示されます。   逆に、登録したキーワードにはあり、ユーザーの検索語句には無いワードがある場合は広告は表示されません。    ...

Read More

今までYDNには「ターゲティング」「インタレストマッチ」「インフィード」という3つの広告掲載方式が存在しました。   しかし2018年5月16日にインタレストマッチが終了し、ターゲティングとインフィードのみとなりました。   形としてはインタレストマッチがターゲティングに統合された形なので、今までのインタレストマッチにターゲティングの機能が加わったと考えて良いでしょう。   ユーザーの興味関心に対して関連性があるときに広告が表示される機能はそのままに、さらにそこにターゲティングでしか利用できなかったプレイスメントターゲティングや   サイトリターゲティングなどを組み合わせることができるようになったということです。   例えば柏の不動産であれば、地域ターゲティングを柏に設定し、プレイスメントターゲティングでマンションやアパートなどを扱ったプレイスメントのみに配信すれば   コンバージョン率はグーンと上がるでしょう。   このようにターゲットを絞れるようになり、よりコンバージョンに繋がりやすいユーザーに配信できるようになりました。   しかし、その反面ターゲットを絞りすぎると表示回数が大きく減ってしまう可能性もあります。インタレストマッチは認知拡大のためという面もありますので、その点には   注意しましょう。   上記の例ではコンバージョン率を上げることはできても、認知を広めるということで考えれば間違ったやり方だと言えます。     もう一つ、ターゲティングに統合されたことで大きく変わったことがあります。   旧インタレストマッチで利用可能な掲載フォーマットは「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」のみでしたが、今回の変更によって「レスポンシブ広告」も利用可能と   なりました。   Yahoo!によると、現在YDNで表示されている広告のうち5割以上がレスポンシブ広告とのことなので、旧インタレストマッチでもレスポンシブ広告を使用することで   広告の表示機会を上げることができると思います。   また、ディスプレイ広告にもタイトル・説明文の入力が必要でしたが、今回の変更で必要なくなりました。       ・機能は定期的に変更される   Yahoo!JAPANプロモーション広告では今回紹介したインタレストマッチの廃止のように、変更される箇所が定期的に出てきます。   最近では、前回紹介した動的検索連動型広告の他にもSSで「最適化タブ」が新たに誕生しました。   変更される点や新たに出てくる機能はYahoo!JAPANが現在必要であると考えるものなので、随時チェックしておくことで常により良い広告の効果を出すことができると   思います。        ...

Read More

今までGoogle AdWordsにしかなかった動的検索広告(DSA)がYahooでもリリースされました!   Yahooでは動的検索連動型広告と呼びます。   この動的検索連動型広告ですが、設定が簡単なうえにとても便利なツールで、なんとクリック率が20%、コンバージョン率が10%アップするとも言われています。   この広告は、Yahooのシステムが自分の指定したURL(自分のLPのURLを登録しておきます。)と、検索されたキーワードに関連性があると判断した場合に表示される広告です。   この判断はYahooのシステムによって自動的に行われます。   そしてさらに、関連性が高いと判断された場合はそのキーワードに対してタイトルまで自動で作成してくれます。   自分で設定するものは主に、「URL」「説明文」「キャンペーン予算」「入札価格」のみになります。   例えば、弊社は柏のウェブ広告代理店なので、弊社のURLを登録しておくと   「柏 ネット広告」 「柏 ウェブ広告 代理店」 「広告運用 柏市」   などのキーワードで検索された場合に、タイトルが自動で生成された広告が表示される可能性があるということです。   ユーザーの検索するキーワードというのは常に変わっていくので、始めに登録したキーワードで良い広告効果を半永久的に得ることは難しいです。   そこでこの広告を使えばキーワードが時代によって変化していっても対応でき、また、現在リーチできていないキーワードからもユーザーを呼び込むことができます。   運用が楽になるだけでなく、ウェブサイトへの流入数の増加などの効果もあります。   もし、自分の意図しないキーワードで配信されてしまった場合も、通常と同じように対象外キーワードを登録することもできます。   運用が簡単でメリットがいくつもある動的検索連動型広告、ぜひ使ってみましょう!                ...

Read More

今回は2018年4月25日にYahoo!スポンサードサーチに追加された『カテゴリ補足オプション』について書いてみました。 リスティング広告で広告表示オプションについて自信がない方向けに作成致しました。 ◆カテゴリ補足オプション◆ カテゴリ補足オプションは新たに追加された広告表示オプションの1つです。 商品やサービスをカテゴリー化した情報を広告文の下に表示させることができます。 《設定するメリット》 1. 商材の特性を端的に訴求できる 2. 通常よりも広告掲載枠が広がり、注目を集めやすくなる 3. すぐに入稿できるため、数分程度での導入が可能 設定出来るカテゴリは以下の13個になります。 イメージしやすい「カテゴリ補足オプション」の設定例(公式ラーニングポータル参照) ◇入稿する際の規定◇ ・補足カテゴリー  : 13種類からの選択、日本語のみ ・補足内容文字数  :1つにつき25文字以内 ・補足内容設定可能数:3個以上、最大10個まで   ◆ まとめ ◆ 広告主様が広告で自社の強みをアピールすることはユーザーにサービスや商品を理解してもらう上で重要です。 カテゴリ補足オプションの機能が追加されたことにより、広告内容をより詳細に表示可能にすることで広告枠が広がり、 とくにスマートフォンでは占有面積がアップします。今まで伝えられなかったサービスや商品の詳細を記載することで、 CTR向上、訴求力向上に役立ちます。   今回記載した、カテゴリ補足オプションに限らず、リスティング広告での操作・運用方法などお困りの際には 当社までお気軽にお問合せくださいませ。...

Read More

インターネット広告には、サイトリターゲティング、サーチターゲティング、プレイスメントターゲティングなどたくさんのターゲティングがあります。   インターネット広告を始めたばかりの方の中には「種類が多くどれがどんなターゲティングかわからない」「ターゲティングの意味はわかるがうまく扱えているかわからない」といった方がいると思います。   ヤフースポンサードサーチの   ・地域ターゲティング   ・時間ターゲティング   ・デバイスターゲティング   はとても簡単なターゲティングなのでまずはそこから理解を深めていくと他のターゲティング像も見えてくると思います。   まず意味についてはほとんど名前そのままで、   地域ターゲティング→配信する都道府県、市区町村を決められる。   時間ターゲティング→曜日ごとに、24時間のうち配信する時間を15分単位で決められる。   デバイスターゲティング→PC、タブレット、スマホのどれに配信するか決められる。   というものになっています。   使い方を柏の飲食店を例に考えてみたいと思います。   「リアルタイムで柏で夜ご飯を食べようとしてる人に広告を毎日配信したい」というお店があったとします。   リアルタイムで柏で夜ご飯を食べるということは、その時柏市内にいてスマホでお店を探している可能性が高いです。   ここでただキーワードを「柏 夜ご飯」としてターゲティングをなにも設定していない場合、   現実的にはありえないですが、北海道で午後2時にPCで検索したユーザーにも広告が配信されてしまいます。   こういった場合に役立つのがターゲティングです。   今回の場合は、   地域ターゲティング→柏   時間ターゲティング→全曜日午後7時以降   デバイスターゲティング→スマートフォン   にすれば配信したいユーザーだけに配信されます。   この例はターゲティングの中のほんの一部です。   他のターゲティングもしっかり理解し、うまく扱えるようになれば今よりもっと高い効果を出すことができると思います。            ...

Read More