logo

Select Sidearea

Populate the sidearea with useful widgets. It’s simple to add images, categories, latest post, social media icon links, tag clouds, and more.
hello@youremail.com
+1234567890
 

Archive

まだ広告運用をしたことがない方や運用を始めたばかりの方の中には料金体系についてよく分かっていない方がいるかもしれません。 そんな方のために今回はGoogleAdWords検索広告の「クリック1回につき実際にかかる料金」について解説致します。 実際にかかる料金を理解するためには、まず「上限クリック単価」「品質スコア」「広告ランク」について知る必要があるのでそちらから説明致します。   ・上限クリック単価 以前も説明しましたが、広告には上限クリック単価というものが存在します。 上限クリック単価はクリック1回につき広告運用者が支払う最大料金のことで、設定した上限クリック単価より高い料金が発生することはありません。 例えば、上限クリック単価を50円に設定した広告が1回クリックされた場合の料金は50円以下となります。   ・品質スコア 品質スコアとは各キーワードに割り当てられる1~10(10が1番良い)の数値で、「キーワードと広告の関連性」「広告のクリック率」「ランディングページの品質」を評価するものです。 この品質スコアは広告の料金や掲載順位と大きく関係してくるので、できるだけ高くすることが望まれます。 高くするコツは、「キーワードをできるだけ広告文に含ませる」「広告を見た人が興味関心を抱くような広告を作る」「閲覧者にとって有益なランディングページにする」などになります。   ・広告ランク 広告ランクとは広告の掲載位置を決めるもので、上限クリック単価×品質スコアで求められます。 例えば、上限クリック単価50、品質スコア8の場合の広告ランクは400となります。 この、広告ランクが1番高い広告が1ページ目の1番上に掲載されます。   ・クリック1回につき実際にかかる料金 上限クリック単価、品質スコア、広告ランクの説明が終わりましたので本題に入ります。 ここでは例を使って説明していきます。 A社の上限クリック単価は50円、品質スコアは8とします。よって広告ランクは400となります。 B社の上限クリック単価は80円、品質スコアは4とします。よって広告ランクは320となります。 この場合、A社の方が広告ランクが高いので当然上位に掲載されますが、A社が支払うクリック1回につきの実際の料金は50円ではありません。 クリック1回につき実際にかかる料金は、広告掲載順位を維持するための必要最低限な金額であり、次の計算式で求めることができます。 B社の広告ランク÷A社の品質スコア+1=41 なので、A社が実際に支払う料金は41円となります。 一般的にこの式を表すと、 掲載順位直下の広告ランク÷自社の品質スコア+1円=クリック1回につき実際にかかる料金 となります。   今回の例のように、上限クリック単価が低くても品質スコアが高いと広告ランクでの逆転が起こります。 なので掲載順位を上げたい場合は上限クリック単価を上げるだけではなく、品質スコアを上げることもとても重要です。   また、次の例を見ていただくとわかるように 上限クリック単価20、品質スコア6、広告ランク120 上限クリック単価30、品質スコア4、広告ランク120 上限クリック単価40、品質スコア3、広告ランク120 同じ掲載順位を獲得するための上限クリック単価は品質スコアが高いほど低くなるので、品質スコアを下げることは経費の削減にも繋がります。...

Read More

今回は、Yahoo!プロモーション広告のYDNについて書いていこう思います YDNとは『Yahoo!ディスプレイアドネットワーク』の略称で、Yahooで出稿できるディスプレイ広告です yahoo!検索エンジンの検索結果ではなく、yahoo!ニュースのようなコンテンツページに表示される広告のことです インターネットを使用している皆様なら、一度はYahoo!ショッピングやYahoo!ファイナンスなどの関連サイトに表示されている広告を見たことはあるかと思います 以下の黄色の枠部分がYDN広告です   YDNはサイトや商品の認知度向上や、サイトへの集客など目的に応じて使用されます 例えば、過去に検索したキーワードを元に広告を配信したり、ユーザーの興味や関心を検索キーワード から分析し、それに適した広告を配信させるような使い方ができるのです   リスティング広告はユーザーが検索したキーワードに対して出稿した広告が表示され、購買意欲のある 潜在顧客(俗に言う『今すぐ客』)に見てもらうことができます それに対しディスプレイ広告はインターネットユーザーが無意識に閲覧しているサイトそのものに広告 を表示できる為、速攻性はないものの、直接的に購買欲が無いユーザーにも広告を見てもらえる機会が あります     ◆YDNの様々な広告掲載方式 ◇インタレストマッチ ユーザーが閲覧中のサイトや過去の閲覧履歴、検索したキーワードなどに応じて商材に興味・関心があ るかをシステムが判断し、適切なインターネットユーザーに広告を表示します 例えば、自動車関連のサイトを多く閲覧しているユーザーに自動車関連の広告を配信し、 「上達英会話」など英会話関連の検索をしているユーザーに英会話関連の広告を配信するなど、 Yahoo!のシステムが判断して広告を配信します   ◇ターゲティング ユーザーの属性・地域を絞って広告を配信します 例えば、「20代女性」や「新宿区」に向けて広告を配信したり、「旅行系の情報を掲載している サイト」だけに広告を表示させたりすることができます   ◇インフィード広告 スマートフォン版のタイムライン型ページ(Yahoo!JAPANのトップページなど)に広告が掲載されます   ◆YDNの料金について YDNの広告は全てクリック課金型ですので、クリックされるまではコストがかかりません   まとめ 収益を今後もより増やしていきたいのであれば、 検索連動型のスポンサードサーチだけでなく、YDNを上手に使いこなすという点が、重要なポイント になるかと思います スポンサードサーチとYDNの仕組みをより理解して、両方での広告運用が上手にできるようになる事 が望ましいと思います...

Read More

様々な広告を低予算から出すことができるYahoo!プロモーション広告ですが、広告掲載基準が存在することは運用担当者であればご存知のはず。

 

中には一見すると問題なさそうな広告でも『法律に抵触する恐れがあるため掲載不可』となるケースがあります。

 

今回は「健康食品」の広告に関して注意しておきたいことを記しておきます。

 

このページを開いたあなたは   リスティング広告を ・よく理解できていない ・始めてみたいがしくみがよく分かっていない ・運用はしているがうまくいかない などの理由をお持ちではないでしょうか。   なので今回はリスティング広告について分かりやすく解説していきたいと思います。     ◇リスティング広告とは   リスティング広告とは、検索エンジンでユーザーが検索した語句に応じて、検索結果に連動して表示される広告のことです。 なので検索連動型広告とも呼びます。 ユーザーが検索した語句に応じて広告を表示させることができるので、ニーズが明確な顕在層へアプローチすることができます。 日本では主に ・Googleが提供している「GoogleAdWords」 ・Yahoo!が提供している「Yahoo!プロモーション広告」 の2つのサービスで利用することができます。     ◇掲載されるしくみ   リスティング広告は先ほどもお話したようにユーザーが検索した語句に応じて広告が表示されますが、 広告を表示させるためにはキーワードを登録しておく必要があります。(ユーザーが検索する語句のことを検索クエリと呼びます。) 例えば、ランニングシューズを売り出している会社でランニングシューズの広告を出したい場合は ・ランニングシューズ ・ランニング 靴 ・ジョギング 靴 ・走る 靴 などのキーワードを登録しておきます。(キーワードは複数登録することができます。) そして、 検索クエリとキーワードが一致したときに広告が掲載されます。 この一致に関しては、複数の一致の仕方がありマッチタイプと呼びます。 マッチタイプには   ・完全一致 →キーワードと検索クエリが完全に一致したときに広告が表示されます。 広告が表示される例:キーワード=ランニング シューズ 検索クエリ=ランニング シューズ   ・フレーズ一致 →キーワードと検索クエリの語順が同じときに広告が表示されます。前や後ろにほかの語句が入っていても表示されます。 広告が表示される例:キーワード=ランニング シューズ 検索クエリ=白 ランニング シューズ 、 ランニング シューズ 軽い   ・部分一致 →キーワードと検索クエリが類義語だったり関連がある場合に広告が表示されます。 広告が表示される例:キーワード=ランニング シューズ 検索クエリ=ランニング シューズ 、 ジョギング シューズ 、 マラソン 靴   ・絞り込み部分一致 →指定したキーワードが検索クエリに含まれる場合に広告が表示されます。(ここではわかりやすく絞り込むキーワードと呼びます。) 広告が表示される例:キーワード=ランニング シューズ  絞り込むキーワード=ランニング 検索クエリ=ランニング シューズ 、 ランニング 靴 、 白 靴 ランニング   の4つがあり、 それ以外にも除外キーワードという機能もあります。 除外キーワードを登録しておくと、登録したキーワードが検索クエリに含まれない場合にのみ広告を表示させることができます。     ◇料金について   リスティング広告は PPC(Pay Per Click) と呼ばれる広告で表示されるだけでは費用が発生しません。 ユーザーが広告をクリックしたときに初めて費用が発生します。 また、クリック1回につき発生する費用の上限を自分で決めることができます。(この費用の上限のことを上限クリック単価と呼び、キーワードに設定するものです。) なので、 上限クリック単価×クリック回数 が発生する費用となります。 (※これは最大で発生する費用であり、実際に発生する費用はこれより安くなる可能性が高いです。 このしくみは他の種類の広告でも共通することなので次回以降解説いたします。)   さらに、全体の予算もあらかじめ設定することができるので、「うっかり使いすぎてしまいそうで怖い。」「広告を出すのなんてすごくお金がかかりそうで手を出せない。」 といった方でも安心して利用することができます。     ◇掲載される位置   リスティング広告は掲載される位置によって大きく効果が変わってきます。 検索結果1ページ目の一番上と2ページ以降では何倍もの差が出てしまいます。 掲載される位置が決まるしくみはYahoo!とGoogleで似ていますが、各々説明していきます。   Yahoo!→入札価格(クリック単価のこと)と広告の品質(推定クリック率、表示URLの過去のクリック率、広告文と検索クエリの関連性など) によって掲載位置が決まります。   Google→上限クリック単価と品質スコア(キーワードごとに割り当てられる数値で、広告の関連性、広告のクリック率、ランディングページの品質) によって掲載位置が決まります。   Yahoo!とGoogleで共通して言えることはクリック単価だけではなく、広告やキーワード、ランディングページなども評価の対象に含まれるということです。 掲載順位を上げたい場合はクリック単価を上げるだけでなく、これらの質を上げていきましょう。 また、そこが質の高いものになればその分クリック単価が低くなるので、費用の削減にもなります。...

Read More

毎日の生活の中でインターネットは既にかかせない存在になっています。 パソコンだけでなくスマホやタブレットが広く普及した事で インタ―ネット広告費は1兆円規模を超えたと発表されています。 『これから広告を出してみよう!』『うちの店に合う広告は何だろう?』そんな方に向けて、 今回はインターネット広告について検討されている方に向けて記事を書いております。       ◇インターネット広告の種類   ・リスティング広告(検索連動型広告)   ⇒『探している人にだけ広告をみせる事ができる』 リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示される為、『今すぐ客』の獲得に効果的です。     ・ディスプレイ広告(バナー広告)     ⇒『サイト上の画像がそのまま広告になる』 Yahooプロモーション広告のYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)と Googleアドワーズ広告のGDN(Googleディスプレイネットワーク)。 リスティング広告ではリーチ出来ないユーザー層への接触が可能。           ・動画広告(リッチメディア広告)    ⇒『バナー広告の位置に動画コンテンツツを掲載する広告形式』 自社製品の訴求やキャンペーンの告知、ブランディングなどさまざまな目的で配信される。 多くはクリックすれば製品や企業サイトに飛ぶように設定されている。       ・メール広告   ⇒『狙った人に広告が出せる&お金が比較的かからない』 メール広告とは、インターネットのメールを利用して配信される広告。 ターゲティングメール広告や、メールマガジンなどがある。       ・タイアップ広告   ⇒『編集記事ページのような広告形式』 媒体社が広告を記事調に制作編集する広告コンテンツ。       ・インフィード広告     ⇒『Webサイトやアプリコンテンツとコンテンツの間に表示される広告』 (※画面の上から下に読み進めていくデザインの場合)                         ◇インターネット広告のメリット   1. 日本国内の約83%の人に見てもらえる   インターネットの人口普及率は83%1億84万人。国民の10人に8人以上の人たちがインターネットを使用しています。参照:総務省「通信利用動向調査」     2. ターゲットを絞り込みやすい(購入や問い合わせにつながりやすい)   既存のメディア(テレビや新聞・ラジオなど)は不特定多数の人々に訴えかけることしか出来ないが、ネット広告の場合は、特定多数の興味のある人間に向けて広告を打つことが可能。     3. 来店促進にも使える   インターネット広告は、地域を絞って広告を掲載することが可能。電話番号や住所などお店の情報を掲載することでお店への来店促進も可能です。     4. 広告による効果が可視化できる   ネット広告ではどれくらいのユーザーが広告を見て、その中の何人がクリックしどれくらいの人が購入に至ったか等すべて把握することが可能です。     5. クリック課金制なら料金はクリックされた分のみ テレビや新聞等の他メディアに比べ、インターネット広告にかかる費用が安価でまとまった費用がかかりにくいです。       まとめ インターネット広告には様々な種類がある為、それぞれの特徴をおさえて目的に合わせた広告を選ぶことが重要になってまいります。 少額から出稿できるものも多く、費用対効果も測定しやすい為、これから広告を出稿する方にとっても優れたツールです。 さらに広告代理店を通せば、今回紹介した内容以外にも様々な広告やポイントを紹介してもらえるので、インターネット広告の導入を検討される際は一度相談してみることも良いと思います。 売り上げアップや店舗への新規来店・商品の購入に向けて、インターネット広告をさあ、これから作成してみましょう!        ...

Read More

インターネットの普及、携帯電話の進化に伴いもうなくてはならないサービスの一つになったSNS(ソーシャルネットワークサービス)

このサイトをご覧になっているあなたもきっと一つ以上SNSを使っていることでしょう。

 

そしてSNSと言えば宣伝。

店舗の宣伝にはもはや必須になってきました。

 

一見無料で宣伝できるSNSは

 

今のご時世SNSでの宣伝をやらないと損だ!

 

タダだし、絶対にマイナスはないだろう

 

と思いますよね。

 

そしてもしかすると

 

「うちの店はSNSをうまく使って宣伝してるよ!」

 

という方も多いかもしれません。

 

が、同時に、

 

SNSで宣伝しているけどあんまり売り上げや客足は増えていない気がする

 

という方もいらっしゃるかと思います。

 

そう思っている方、実は正解です。

 

ポイントを押さえないやり方をしてしまうと、お店の価値を下げる込みチラシなどの広告に出すより余計コストがかかるなど、マイナスになってしまいます。

 

もし以下のような項目に当てはまるSNS運営をしているようでしたら、きっとこの内容はためになります。

是非読み進めてください。

近所にあるライバル店Aもインターネット広告(WEB広告と言われることもあります)をやって繁盛しているらしい・・・。

 

とりあえず、フェイスブックやインスタグラムなどでお店の告知などはやっているものの

 

成果が出ているのかどうか聞かれると、「実際はよく分かんない(^^;)」

 

「自分もインターネット広告やってみたいけど、なんだか難しそう・・・。」

 

「そもそもインターネット広告って何?」

 

そのような経営者の方も多いと思います。

今回は株式会社オズプロモーションの事業内容を紹介いたします。   弊社では主にコンサルタンティング事業を行っており、 その中でも 「痒い所に手が届く」 をモットーに、マーケティングコンサルティングに力を入れています。   弊社が提供するマーケティングコンサルティングのサービスは主に次の3つになります。 ・広告運用 ・アクセス分析 ・リアル店舗様向けパッケージ 今回は、今最も力を入れている「広告運用」についてお話しいたします。   まず、広告運用サービスをオススメするのは 「新しく事業を始めたのはいいが、お客さんが集まらず認知度も上がらない」 「自分で広告を出そうとしたがうまくいかなかった」 「そもそも宣伝の仕方がよくわからない」 などといった方たちです。 一口に広告と言っても、現在では紙面やテレビ、WEBなど多くの広告媒体があります。 弊社ではWEB上の「リスティング広告」「ディスプレイネットワーク広告」「メールマガジン広告」を主に取り扱っております。     【弊社で行っているWEB広告】 ・リスティング広告→Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果に掲載される広告 ・ディスプレイネットワーク広告→WEBサイトやアプリ上の広告枠に掲載される広告       ・メールマガジン広告→他社のメールマガジンを利用して配信する広告     これらの広告の費用対効果を検証し、広告原稿及び掲載場所などを改善していくことでお客様の利益を最大限伸ばしていきます。   せっかく質の高い事業を行っていても、それが人の目に留まらず利用されなければなんの意味もありません。 利益を拡大していくには、まずは認知度を上げる作業が重要になります。 弊社はそんな痒いところに手を届かせることによって、お客様の事業のお手伝いをさせていただきたいと思っています。   その他の事業については次回以降紹介していきたいと思います。    ...

Read More

・そもそもgoogle analyticsとは? 学生時代に勉強した英語の記憶をたどるとAnalytics は「分析」という意味なので、「グーグルの分析ツールなんだろうな~ということはわかるけど、詳しいことはわからない」という方も多いはず。ここでは具体例を挙げて説明したいと思います。...

Read More