logo

Select Sidearea

Populate the sidearea with useful widgets. It’s simple to add images, categories, latest post, social media icon links, tag clouds, and more.
hello@youremail.com
+1234567890
 

Archive

小売店や飲食店、サロンなど実店舗を経営されているのであれば、WEBマーケティングで最もプライオリティを置いていることの一つは「口コミ」及び「評価」だと思われます。 今の検索エンジンは昔と違い非常に進歩しており、よりユーザーニーズにこたえられる仕組みになっていますから、同じ「焼鳥屋」が駅から同じ位置にあった場合、ユーザーが検索したら口コミが多かったり、評価が高い焼鳥屋が優先的にユーザーの目につくようになっています。 しかし、その口コミや評価もまずはWEB上でサービスを紹介するページが表示されなければ書き込みはされません。 ですので、まずはWEBで検索されるようにすることが重要だと当社は考えています。   実店舗の場合、WEBからの来店動機は今や「検索」が最も多くなっております。 また、検索した結果が地図と連動しているので、地図で最寄りの場所から近い場所を選ぶ傾向にあります。 そこで有用なのがgoogle 広告のgoogle adwords expressです。 google adwords expressではgoogleマップの広告枠機能により、ユーザーが実店舗のジャンル検索をした場合、優先的にユーザーに表示されます。 今まで(2014年ごろまで)は単純な検索エンジンの検索結果が優位でしたが、もはや実店舗は地図の検索結果が非常に有効です。   google my businessを生かそうと思っていらっしゃるならこの広告は非常に有用です。 google adwords expressもgoogle広告同様クリックされたり、電話がかかってきた場合のみ広告費が発生しますので無駄なコストも発生しないように管理できます。 口コミサイトやポータルサイトにだすよりまずgoogleのサービスを使いこなしましょう。...

Read More

リスティング広告を長く運用していると突然CVが計測されなくなることがありませんか?

 

「今までちゃんと計測されていたのにどうして?配信設定や配信広告をミスったか・・・(汗)」と、管理画面を

 

あれこれ調べてみるが特別おかしい所が見当たらない・・・。

 

特に運用し始めて間もない頃は何が原因か分からず、途方に暮れることもあるかと思います。

 

先輩の運用者に相談し管理画面を見てもらっても原因がわからないとなると初心者にはお手上げです(涙)

 

そんな時には以下のことを確認してみてください。

 

前回はスマートディスプレイキャンペーンについて紹介しました。

 

今回は本キャンペーンの運用上の注意点について考察してみたいと思います。

 

このスマートディスプレイの特徴はなんといっても作業工数が少ないことです。

 

広告の作成もアセットに設定さえすれば後は機械学習で最適化されていくの配信広告の作成に関する工数はずいぶんと減ります。

 

また、ターゲティングも機械学習で最適化されていくので、他のキャンペーンの調整に時間を割くことが出来ることがメリットでしょう。

 

一方で気を付けなければならないのは次の2点ではないでしょうか。

 

2018年4月20日から全ての広告主向けに公開されたスマートディスプレイですが、皆さんご存知でしょうか?

 

スマートディスプレイキャンペーンは、ディスプレイ広告の複雑な設定管理を支援するシンプルで高度なサービスです。

 

使用するためには過去30日間で、アドワーズアカウントにおいて検索ネットワークで100件以上、または、ディスプレイネットワークで

 

50件以上のコンバージョンが発生している必要があります。

 

従来のディスプレイ広告と違うのは、入札、ターゲット設定、広告作成において機械学習によって自動化&最適化し、工数の負担軽減と

 

パフォーマンスの向上を狙うという点です。上記の3点について簡単に説明すると以下のようになります。

会社で健康食品関連商品の問屋サイトを作ることが決まった…。さぁ、どうしよう。以下の文面をもらったけど詳しくない私にとっていろいろ分からない。 でもやらない訳にはいかないので調べて作業してみました。内容をそのままブログにアップしたので参考になれば幸いです。 【貰った文面(③以降は社内の内容なので省略)】 ドメインとサーバーがきた後 サーバーはおそらくロリポップレンタルサーバー ①ECキューブ(最新バージョン)を設置する ②サーバーとドメインを開通する ③省略 ④省略 ⑤省略   【サーバーとドメインについて】 そもそも「サーバー」、「ドメイン」って何?と思い調べてみました。 するとネット上で分かりやすい例がありました。『サーバーとドメインを不動産で理解する』です。 まず、「お家」=「サイト」と考える。      で、お家を建てるためには、まずは土地が必要になります。 これがインターネットでは「サーバー」にあたります。   サイトを作るには、サイトを作るためのスペースが必要になってきます。これが「サーバー」です。 そんで、家を建てた場所には「住所」がありますね。 これがインターネットでは「ドメイン」になります。   ちなみにドメインとは「http://○○○.com」というものです。 「サーバー(土地)」を借りて、その「サーバー(土地)」に「ドメイン(住所)」を設定し、その上に「サイト(お家)」をつくるというイメージ。   ⇒なるほど、ドメイン(住所)やサーバー(土地)が無いとサイト(お家)ができないことが分かりました!   【ECキューブ設置までの大まかな流れ】 順番 ドメイン(住所)の取得 ⇒ サーバー(土地)の登録 ⇒ EC-CUBEインストール(ECサイト構築の為) つまり置き換えると今回の順番は ①、お名前.com         ⇒②、ロリポップ       ⇒③、EC-CUBE                    ①今回は既に社内メンバーがドメイン(住所)の取得済み 使うドメインは「◇◇◇◇wholesale.jp」 ⇒ 更新しないで変更する流れ ②お名前.comで取得した独自ドメインをロリポップで使う方法 参照URL:https://www.nishi2002.com/9985.html 1.お名前.com Naviログインをクリック 2.お名前ID(会員ID)に)「〇〇〇〇〇〇〇」のIDを入力 3.パスワードに「△△△△△△△△△△△」を入力しログイン 4.ドメイン一覧をクリック(ドメインは既に社内で契約済みの為)し、ネームサーバーの「変更する」をクリック 5.「他のネームサーバーを利用」を選択 6.ロリポップのネームサーバーを使うため、1.プライマリーネームサーバー(必須)に「uns01.lolipop.jp」,2.セカンダリネームサーバー(必須)に「uns02.lolipop.jp」を入力し「確認画面へ進む」をクリックして内容の確認後、「設定する」 7.お名前.comでの作業は完了 ③EC-CUBEをインストールする ECキューブを簡単にインストールする 1、EC-CUBE簡単インストール画面の表示 EC-CUBE簡単インストール画面の表示ユーザー専用ページにログインし、「ECキューブ」を開きます。 2、インストール先の設定 複数の独自ドメインを設定している場合は、ドメインを選択します。 3、インストール先の確認 インストール先の設定を確認します。 説明内容を確認し、「承諾する」にチェックを入れ、 「インストール」をクリックします。 EC-CUBEのインストールが開始されます。   【感想】 インターネットについて詳しくない自分からすると異次元の話だったのですが、 インターネット上で情報収集や学習をすれば、とりあえず何とかなるもんだなと思いました。 今回はドメインが取得されていた状態からのスタートだったので流れとしても簡単だったのかもしれません。 これから問屋サイトを作る人などに少しでも参考になっていれば幸いです。          ...

Read More

GoogleやYahoo!でディスプレイ広告を運用する際、運用の成果を測る指標の一つにインプレッション数があります。

 

インプレッション数とは広告が表示された回数のことですが、注意しなければいけないのは

 

Webページ内のどこに表示されていてもブラウザに読み込まれた時点で回数がカウントされてしまうということです。

 

ということは、ズーっとスクロールして下層部分まで行かないと見えない部分に広告が配信された場合でも

 

インプレッション1回としてカウントされてしまうということになります。

 

これでは「表示されている」のにユーザーに届いていない広告が多数存在することになり、クリックされてない理由が

 

広告を見たけどクリックしなかった」のか、「そもそもユーザーの目に入っていないからクリックされなかった」のかが

 

分からないのですよね。

 

それを分析するための指標がYahoo!プロモーション広告の「ビューインプレッション」です。

 

ビューインプレッションとはインターネットユーザーの視認領域に広告が表示された際のインプレッションのこと

今日はYDNの予算消化の増やし方です。   予算を増やすだけならたくさん方法があるので、CPAを維持しつつ予算を増やす方法を自分の経験談を元にいくつか説明致しますので、思うように予算消化ができない方は   是非参考にしてみてください。   ・予算上限を上げる   これは当たり前のことですが、予算の上限を上げれば広告が表示されクリックされる回数が増えるので予算消化が増えます。   ここで注意したいのが、変更前の時点で予算上限に達していて且つ目標CPAを下回っているキャンペーンで行うということです。   予算上限に達していなければ消化金額が増えることはありませんし、CPAの高いキャンペーンで行うとさらにCPAが高騰してしまう可能性があります。   ・入札価格の強化   これは予算を無制限にしていたり、予算上限に達していないキャンペーンの中の広告グループで行います。   これを行うときもCPAの低いキャンペーン、または広告グループで行います。   入札価格を上げれば当然予算消化が増えます。しかし狙いたいのはそこだけではありません。   入札価格を上げると   広告の表示回数が増える&掲載順位が上がる→クリック数が増える→掲載順位が高いのでクリック率が上がる→クリック率が高いのでCPCが下がる   という流れができます。   この状態になったときに入札価格を元に戻します。   入札価格を元に戻したら予算消化が減ってしまうと考える方がいるかもしれませんが、クリック率が高いと良い場所に多く広告を表示してもらえるので   その心配はいりません。   そしてCPCが低くなっているので、原理としてはCPAも下がります。   入札価格を上げるのは少し怖いですが、後々を考えると色々と良い効果が生まれるので挑戦してみてください。   ・キャンペーン又はグループを増やす   最後に提案するのはキャンペーン又はグループを作成するという方法です。   ただやみくもにキャンペーンやグループを作成するのではなく、私自信がやっているやり方がありますので例を交えて説明致します。   やり方と言ってもとても簡単です!   (今回はグループで説明しますが、基本的にキャンペーンでもやりたいことは同じです。)   例えば、柏のとある飲食店がYDN広告を運用しており、もう少し予算を使いたいと考えています。   キャンペーンを一つ選び、表示項目に「都道府県/市区群」を追加してレポートを出したところ、近場の柏市、松戸市、流山市の効果が良いことがわかりました。   現在動いている地域ターゲティングをしていないグループはそのまま動かしておきます。   そして、そのキャンペーン内に柏市、松戸市、流山市でターゲティングしたグループを追加で作成します。基本的にやることはこれだけです!   この時、新しいグループの入札価格は少し高めに設定しても良いでしょう。   また、グループ数を増やした場合元のままのキャンペーン予算だとすぐに予算上限に達してしまう可能性があります。   なので、自分の消化したい金額と相談しながらキャンペーン予算も増やすと良いと思います。   今回は地域ターゲティングで説明しましたが、このやり方は他のターゲティングでも対応させることができます。   自分のアカウントを分析して、より良いキャンペーンやグループを作成してみてください!...

Read More

バナー広告が大事な事は、皆が知っている周知の事実…。でも新しくバナーを作成に取り掛かる時に 実際どのようなバナーを作成すると成果があがるのか悩む方も多いと思います。 そこでこれから、『良いバナーが持つポイント』について数回に分けて、まとめていきたいと 思います。バナーについてあまり知らない方に向けに書いていきたいと 思います。   ◇バナーとは…? バナー(banner)とは、直訳すると「旗」、「のぼり」のことです。のぼりと聞いて思い浮かべるの は、不動産さんやレストランの前にあるやつですね。WEB上でも宣伝するために作られた旗の様な広 告をバナーと言います。     バナーを作り出す為に その壱 ◇バナーの要素を書き出す まずは、バナーに載せたい情報を書き出します。キャッチコピー、キャンペーンの締め切り、 会社ロゴ、写真など、とりあえず思いつくものを全てを書き出してみましょう。 テキストだけのバナーより、画像がある方がユーザーの目を引きますので、なるべく商品画像や イメージ画像など訴求したい内容と関係のある画像を盛り込んでみましょう。 なお、商品などのオリジナル画像が準備できない場合でも、フリー素材などを活用して バナーにアクセントを付けると良いと思います。   キャッチコピーを考える際には、「メイン」と「サブ」に分けて強弱をつけるのも有効です。 あまり文字数が多くなると読みたくならないので、メインコピー10字程度、 サブコピー20字程度を目安に要約してみましょう。 お客さんの心にビビビッと刺さるキャッチコピーを作ってくださいね。 次回は要素の順位付け、ラフの作成について記述したいと思います。ではまた。                    ...

Read More

  突然ですが、LPやボタン、バナーの色はしっかりと練った上で設定していますか?   柏といえば柏レイソルの影響か黄色を思い浮かべる方が多いと思います。   それと同じように、人間は物などをイメージしたときに無意識のうちに色をイメージします。   逆に色から物などをイメージすることもあります。   この人間の特徴を広告運用のときに意識するのとしないのではコンバージョン率が大きく変わってきます。   少しイメージの例を挙げてみたいと思います。   ・青   青は心を落ち着かせてくれる色と言われています。また清潔なイメージを持たせる効果もあるので石鹸や洗剤など綺麗にする商品を扱うときにオススメです。   ・赤   赤は情熱の色と呼ばれているくらいなので、インパクトが強く注意を引きやすいと言われています。   行動促進の効果があるので、登録や資料請求をしてほしい場合にオススメです。   また、赤は食べ物を連想するので、食品などを扱う場合もオススメです。   ・黄色   黄色は人の気持ちを明るくしたり、気分を上げさせる効果があると言われています。   行動を促したり、意欲的な気持ちにすることができます。   「~を始めてみませんか?」「体験入学無料キャンペーン中」など業種に関係無く参加を促したい場合にオススメです。   ・緑   緑は心を落ち着かせる効果があると言われています。   また、健康的なイメージも持つので食べ物の中でも、オーガニックフードやサプリ系など体に良いものを扱うときにオススメです。   ・ピンク   ピンクはかわいいというイメージを沸かせると言われています。   ピンクについては説明しなくても大半の方がそう連想しているのではないでしょうか。   化粧品などを扱うときにオススメです。   ・白   白はかっこよくスッキリとした印象を与える色と言われています。   ITやWEBなどのビジネスを扱うときにオススメです。   ・黒   黒は高級感を出す効果があると言われています。   なのでブランド商品や高級食材などを扱うときにオススメです。     少し例を挙げてみましたが、あなたの商品やサービスは色とマッチしていましたか?   これらは心理学的なもので参考例に過ぎませんが、中々コンバージョンが取れないなどの悩みがある方は   試してみてはいかがでしょうか!?   また、冒頭で挙げたボタンについてですが、ボタンの色が緑だと一番コンバージョンに繋がりやすいと言われています。   こちらも是非お試しを!      ...

Read More